施工事例

Case

ホーム > 施工事例 > 山口県Y様邸

山口県Y様邸

シンセ・ピアーナ

末永く安心な空間設計に、四季を通じた快適さもプラス

ファサード面から見える深い軒が印象的な平屋。将来のことも考えたゆとりのある建物はいくつになっても快適で過ごしやすい家づくりを目指しました。
ダイニング・キッチン・リビングをL字型に配した、20帖のLDKは奥行きのある空間設計ながら、キッチンからは部屋全体を見渡すことができるため家族の会話も弾みます。
全館空調システムの「スマートエアーズ」は季節を問わず家中を快適に保ちます。
使用時の快適さはもとより「夏場にスイッチを切って外出し、6時間くらい経ってから帰っても、まだひんやりしていて凄いですよ。」とトヨタホームの気密性・断熱性にも驚きの喜びの表情を浮かべます。

キッチン

毎日の家事をより効率的に、より快適に

キッチンは作業スペースの広いワイドオープンタイプを採用し、スムーズで余裕を持った作業が可能です。家事動線をプランニングに考慮することで、キッチンを中心にサニタリーにも繋がっています。回遊性も確保され、日々の家事ストレスを軽減できるゾーニングはご友人にも好評だそうです。

ファサード

重厚感のある堂々とした佇まいに、安心もプラス。

玄関周りのアクセントタイルが高級感と重厚感を生み出します。深い軒が陰影を生むことで、奥行きを感じさせるとともに、1年を通して直射日光遮りながらも採光を採るのに役立ちます。
リビングの大開口部には、日射を制御して外部からの侵入も防ぐ電動ブラインドシャッター「エアリーガード」を搭載。快適さに安心もプラスされました。

ゾーニング

細部にも気を配る創意工夫でそれぞれが心地よく暮らせる

LDKを家の真ん中に設ける事で、家族が自然と中心に集まってくる間取りに。
キッチンの隣にサニタリーを配置することで、日々の家事動線をコンパクトに。ダイニングの隣には、ご両親様がいつでも泊まれるように和室も設けました。玄関ホールからリビングを通らずに客間である和室にいけるよう、2WAY動線にすることでプライベート空間を確保できます。ベッドルームには書斎スペースを設け、ワークカウンターを造り付けにすることでインテリアも統一されています。

施主様情報:山口県 Y様邸
商品名:1階建:シンセ・ピアーナ
■敷地面積:297.93㎡ 90.12坪
■延床面積:102.82㎡
■1階床面積:102.82㎡

一覧に戻る

ページのトップへ戻る